タイコラボ行徳は、初心者のための和太鼓スクールです

講師のご紹介

講師のご紹介

  • 石橋 妙子

    千葉県出身。
    鼓奏者の祖父のもと幼少期より和楽器に親しみ、1996年より和太鼓・篠笛・その他和楽器を本格的に学ぶ。

    2009年、ダンスと和太鼓のコラボ「満天」に参加。
    2010年には日本舞踊・演歌歌手とともに「東京スカイツリー音頭」のキャンペーンに参加するなど、和太鼓奏者として精力的に活動するほか、ラウンジ歌手としての経験を持つなど、多彩な音楽経験を持つ。

    盆太鼓・曲打ちが得意。

  • 小沼 惟

    2008年に神奈川県立愛川高等学校の和太鼓部に入部。2011年よりプロ和太鼓集団「梵天」が主催する未来太鼓道場に特別練習生として参加。 代表の小林正高氏に師事し、研鑽を積んだ。2013年からは元鼓童の林田ひろゆき氏が若手奏者を集めて結成した和太鼓チーム「スーパー太鼓ジュニア」に参加。フランス・メキシコなどの海外ツアーに参加するなど、プロ奏者として精力的に活動している。

  • 本間 えりか

    高校在学時、愛川高校和太鼓部に所属。2009年には高等学校郷土芸能発表会で団体3位に輝き、個人では個人賞を受賞した。 2012年から和太鼓チーム「打縁」に所属するほか、2014年から元鼓童の林田ひろゆき氏が若手奏者を集めて結成した和太鼓チーム「スーパー太鼓ジュニア」に参加。台湾ツアーをはじめ各種イベントに出演するなど精力的に活動している。

  • 高木 啓輔

    さいたま市地域団体、与野鴻沼太鼓で幼少時より和太鼓を習い、高校時代は都立深沢高校和太鼓部に所属。 和太鼓の甲子園ともいわれる「全国総合文化祭」では東京都大会で優秀賞を受賞し、全国大会に出場した。
    その後、日本体育大学体育学部武道学科にて伝統芸能を専攻。 和太鼓の他、日本舞踊や大田楽などを学んだ。
    現在はプロの和太鼓奏者として活動。 東京オリンピック2020招致演奏やTBSお正月特番において演奏するなど、多方面で活躍している。

  • 原田 ともこ

    2005年11月にTAIKO-LAB(タイコラボ)のビギナークラスに入会し、和太鼓を始める。その後、中級・上級クラスへ進み、2013年春より講師になる。
    2012年1月より和太鼓ユニット「Don-guu」、同年4月より「ハルノトモ」にて演奏活動を開始。2012年4月には、Don-guuによる自主企画ライブ「はじめの一歩」を、 2013年4月には、ハルノトモによるライブ「HOP!!」を開催。その後も定期的にハルノトモとして単独ライブを開催し、常に満員となるなど好評を博している。

    米国アスレティックトレーナー協会(NATA)公認アスレティックトレーナー資格保有。

  • 花原 京正

    15歳で和太鼓を始め、「彦根古城太鼓」に入団。和太鼓奏者としてのキャリアをスタートさせる。

    2005年に弟の花原秀正、古里祐一郎と和太鼓ユニット「無限」を結成。ヨーロッパ5カ国ツアーや自主企画ライブ「Live!Explosion」を展開するなど精力的に活動。

    コンサートサポートにも定評があり、2012年にはアヴリル・ラヴィーンジャパンツアー全7公演に出演。そのほか、嵐・坂本冬美・純列・長山洋子・水樹奈々など、様々な有名アーティストと共演した。

    和太鼓のほか、エイサーの造詣も深く、2006年4月には夏川りみ「杜の賑い」にエイサー演者として出演した。